Gitメモ

Gitまわりの備忘録です。

べんりコマンド

master ブランチと foo ブランチの差分を zip化

git archive foo `git diff --name-only origin/master foo --diff-filter=ACMR` --worktree-attributes -o foo.zip

リモートリポジトリの一覧を確認

git remote -v

リモートリポジトリを複数登録

git remote add foo <url>

 
参考例:
 
社内の Git に保存しつつ
社外の Heroku にデプロイ

git remote add backlog <url>
git remote add heroku <url>

で登録して

git push backlog master
git push heroku master

で切り替える

Gitの管理下にあるファイルを無視

git update-index --skip-worktree [ファイル名]

無視とりやめ

git update-index --no-skip-worktree [ファイル名]

 
補足:

.gitignore と .git/info/exclude の設定は、Gitの管理下にあるファイルには適用されないので
代わりに skip-worktreeassume-unchanged を利用する

skip-worktree は、ローカルの変更を保持
assume-unchanged は、ローカルの変更を破棄する

べんり設定

git archive するときに除外するファイルを設定

.gitattributes で除外ファイルを設定して git archive HEAD --worktree-attributes で適用