Heroku と Hugo でブログを運用する

サイトを Github Pages から Heroku に移行しました。
静的ファイルの吐き出しは 引き続き Hugo を使っています。

移行した理由は、Wercker を使うのをやめたかったのと、クラウドを試してみたかったからです。

Heroku は無料プランを使っていて、しばらくアクセスがないと Dyno が眠ってしまいます(かわいい)。
つまり、だれかがアクセスしたときに「なかなか表示されないな」という時間ができてしまいます。

つぎは Google Cloud Platform に移行してみます。

10月追記: 課金しました 😇

メリット

  • 簡単

デメリット

  • ドメインの設定がちょっと面倒
  • 無料でガッツリ使おうとすると色々だるそう(課金すれば楽そう)

設定

Setting a buildpack on an application

アプリ作成 + buildpack をセット

$ heroku create [アプリ名] --buildpack https://github.com/roperzh/heroku-buildpack-hugo.git

Hugo のバージョンを固定

$ heroku config:set HUGO_VERSION=0.26

公開

git push でデプロイ

$ git push heroku master

公開を確認

$ heroku open

ドメイン設定

PointDNSでHerokuアプリにNaked domainを割り当てる